理学療法士賠償責任保険

理学療法士のアルバイト業務を行ううえで、考えておかなければならないものの一つに理学療法士賠償責任保険という保険があります。これは、社団法人日本理学療法士協会の会員だけが加入できるようです。個人向けには発売していないようです。三井住友海上火災保険株式会社と株式会社損害保険ジャパンとが引受会社のようですから、理学療法士でのアルバイトや就職をお考えの方は、これらの代理店でお知り合いがあれば問い合わせてみてはどうでしょうか?


理学療法士の業務中に患者に対して損害賠償事故を発生させてしまったとき、以前であれば、医師や施設に対してのみその責任を問うことが多かったために、病院賠償責任保険などで補償出来ていたんですが、このところ、増えているのが、理学療法士本人に対する賠償請求です。それも、医療事故の場合高額の請求になりがちです。そこで、日本理学療法士協会では、団体で理学療法士賠償責任保険に加入できるようにしています。団体加入の場合割引が受けられるので加入しやすくなるわけです。保険料は、年間、4千円のようです。


理学療法士賠償責任保険には初期対応費用というのがあります。これは、万一のときの人身事故で責任の所在が確定していなくとも、つまり、理学療法士の側に結果的に責任がなくても、例えば、お見舞いとして社会通念上妥当と思われる出費に対して支払われるものです。


また、理学療法士賠償責任保険には個人賠償責任保険が付帯しています。これは、理学療法士、本人だけではなく本人と同居している家族なども対象になります。いずれにしろ、理学療法士をお仕事にするときには考えておきたいもののひとつです。

面接の服装が心配な方はこちらをどうぞ
タグ:理学療法士

スポンサードリンク

介護・福祉のお仕事探すなら【しごとの山】!!


スタッフサービス・メディカルへご登録こちら


介護・医療・福祉のお仕事探しは 介護求人ナビで!


介護職専門の求人サイト!ケアリク


お祝い金が貰える求人サイト!『414510.biz』


【PR】転職エージェントに一括登録




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。